家作りの第一歩はココから!

耐震リフォーム

いずれくる大震災に備えて、耐震リフォームを検討ください。1995年に発生した阪神淡路大震災では20万もの家屋が被害を受け、6500人の方が命を落とすこととなりました。また亡くなった方の8割は家屋が原因となる倒壊や家具の圧迫などによる圧死といわれています。日本の伝統家屋である木造住宅は現在の技術で構造上の補強を行うことで飛躍的に耐震性が増し、寿命が長くなることが立証されています。

 

耐震の基準は軟弱な地盤であるか、建物の重さが現構造と震災の揺れで耐えられるか、壁に損傷がなく震災の揺れを吸収できるか、軸組み工法でないか(軸組み工法は接合の部分に補強しなくてはなりません)などが耐震のリフォーム基準となっています。

 

特に注意すべき住宅は1981年以前の住宅・地盤が緩い所・一階より二階が飛び出た家屋・一回が駐車場などにより壁が少ない家屋・一階の方が広く二階との外壁の位置がずれている家屋には注意が必要であり耐震リフォームが勧められます。

 

耐震のリフォームは一度オンラインで自己診断をしてみましょう、その後に専門家による建物の診断を依頼し補強が必要な箇所の割り出しをしてもらいます。

 

業者によってリフォームプランは違いますが、基礎にコンクリートがない住宅はまずコンクリート補強を行い、シロアリや劣化による木材の老朽化が進む箇所には補強金具のうち付けやアンカーによる固定で耐震性をあげてゆきます。

 

住みながらできる補強の工事と一旦家を明け渡しての大規模な補強工事があるため診断後は必要補強肯定にあわせて生活の場も一時変えないといけません。

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市