家作りの第一歩はココから!

建築にかかわる法律

建築にまつわる法律に代表されるのが建築基準法といえます。

 

これは建物に対しての最低の基準が設けられており、最低の基準とは国民の命と健康、財産の保護の為の法律となっています。

 

また公共事業の法律として都市計画法があり、これは都市の健全な発展を目的としており都市計画の内容と事業の計画を明確に定めることにより秩序を守って均衡のとれた都市の発展と公共の福祉に増進できるように定められています。

 

建設を営む者が資質を向上させ建設工事の契約・業務で適正化を図ることで施工の安全を確保し、欠陥のない健全な建設業の発達を促進することを目的とした建設業法が施工側に深くかかわっています。

 

そして建築士という言葉ならば皆が知る有名な資格であるとおもいます。この建築士という資格は建築物の設計と工事管理などの技術者としての資格と責任を図る資格であり、有名な建築家になるとデザインだけでも数億といったお金が発生したり、後世に残す建築物として多大な評価を受けることがあります。建築士は建築の構造と設備に関しての知識を持ちえる者に与えられる資格であるが、これは建築士法によって厳格な基準をもち、厳しい試験を合格した者にのみ与えられる資格です。

 

これらの法律は建築と深い関係をもち、それらは居住する環境の発展と安全の確保、福祉の増進の為に定められており、それらを軸に施工業者はより安全な住宅の建設をしています。近年は福祉の整備が最重要課題と称されるほど急ピッチでのバリアフリー化やユニバーサルデザインを用いた住宅が需要を集め、これらを後押しするようにバリアフリー新法という高齢者や障害者の生活を快適にする法律も定められました。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市