家作りの第一歩はココから!

地震対策

現在の住宅は建築基準法にもある耐震基準や免震・制震の技術の進歩により建物の倒壊の心配は減ってきたといえます。しかし地震にたいする対策はそこに住む居住者地震が気をつけ実践することで被害をより最小にできるといわれています。

 

地震が起こったら身の安全を確保することが最優先です。普段より家具を強固に固定し机などにもお皿やコップがない状態だったらまだ安全かもしれませんが、それでも家具の少ない所へ避難しないといけません。家具の転倒はもっとも危険な死傷の原因となります。

 

また揺れが少し落ち着いたら出口の確保と火の始末を必ず注意がけてください。

 

揺れが大きいと建物がゆがみ出口となる扉が傾きで開かなくなることがあります、また火の引火などにより建具やカーテンに火が燃え移り、出口も開かない状況になると一切の逃げ場がなくなってしまいます。家の中で震災にあわれたときは決してあせることなく身の安全と避難経路の確保に急ぎましょう。

 

東北大震災でも多大な被害をもたらした津波ですが、これからも起こる可能性があります。そのような場合は、まず海岸より離れできるだけ高いところに非難するようにしましょう。

 

揺れが小さいと感じても沿岸で起こる地震の揺れは震動により予想もしない津波を引き起こすことがあります。避難警報がすぐに発令されますので疑わずまずは安全な場所に避難してください。

 

高齢者が増えた世の中で、災害時の手助けがとても重要な役割を担うようになってきました。もちろん自分の命をかえりみない危険な救助は求められませんが、できる範囲で災害時救助支援体制をととのえておきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市