家作りの第一歩はココから!

耐震・免震・制震の比較

耐震・免震・制震を簡単に比較することで簡単な知識を頭にいれておきましょう。

 

耐震とは地震の力を建物の構造を駆使してバランスよく分散することで地震を受けても倒壊しないようにする技術であり、耐震基準といって建築基準法により定められた建物を建てる上で遵守せねばならない技術となっています。

 

免震とは地盤と絶縁し、直接地震の力を受けないようにダンパーやアイソレータを敷く事で横揺れを軽減させます。高価で普及率は低く縦揺れや共振の心配が問題として残っています。

 

制震とは地震をエネルギーとして捉え、建物自体に組み込んでいる機構技術により建物の揺れを抑えたり増振しないようにして構造上の損傷を軽減させます。周期的におこる地震に対して有効であり、価格も免震の4分の1程に抑えることができるといわれています。近年は戸建てにも採用される技術として注目されています。

 

どれも地震に対する技術的構造の総称ですが、唯一耐震だけが国の基準として建築基準にくみつけられており、免震や制震はまだまだ新しい技術として今後の研究の成果によっては新たな建築基準として建築時に必要不可欠な技術となると期待されています。

 

震度5から震度6強が地震に対する新たな知識と基準となった日本では、縦揺れと横揺れの両方に対する高い安全技術が必要で特に縦揺れに対ずる技術は免震や制震ではものたりず、まだまだ耐震強化が主流といえます。

 

今日本の技術を目にしたい方はぜひスカイツリーを見に行ってください。現在最高の技術で立てられた634mの高層タワーと言えます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市