家作りの第一歩はココから!

2x4工法

2x4工法は日本の伝統木造建築とは違い、アメリカや北米で標準にあった木造建築方法で日本では1974年に日本での建築が認可されました。これは断面が2インチ×4インチの標準材を合板及び石膏ボードであわせた壁を作って6面の頑丈な壁で箱状にする手法です。

 

2x4の建築方法は北米産の木材を使用する為に安価に仕上がり、工法が単純明快な為施工のミスが大幅に削減できます。この明確な作業が施工にかかる時間を大きく削減し、人件費も結果的に削減できます。

 

工費が減ることで懸念される構造ですが、この手法は構造も頑強であり6面体という手法が気密性や耐熱性、遮音性に耐火性まで高めた事にプラスされ従来の木造住宅以上に広範囲での建築が可能といった面で一気に日本建築の人気手法となってきました。

 

しかし日本では2x4の建築手法に特化した職人がすくなかったことや、将来的にみる増改築時の壁抜きが困難なことがデメリットにあげられそれらを克服することが最大の要因とされていました。

 

間取りに制限があり、間取りが変えにくい2x4の住宅において耐震性と耐風性を備えたことが日本の風土にあい普及した最大の要因であるといえます。

 

明治時代は2x4での施工は値段も高かったのですが認可されてからは時代の流れとともに安価なプランとして話題になり、環境問題でもあるCO2削減に貢献するとして一躍有名になりました。現在は時代も過ぎ職人の技術を養える場が増えたことにより2x4を得意とするハウスメーカーも多数存在するようになりました。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市