家作りの第一歩はココから!

欠陥住宅

いざ家を購入したが欠陥住宅だった、なんて泣きを見ても遅いときがあります。欠陥住宅とは建築基準法に定める規定の範囲を大幅に下回り、住宅の安全性や快適な使用を妨げるなど居住に対しての問題となる部分が十分でないことを言います。

 

この欠陥という基準は建物が建てられたときの基準に適用される為、昔の建物が現在の建築基準方に該当しないからといって欠陥住宅とは言わず、既存不適合住宅と呼び補強工事を推奨されるものとなります。

 

またよく言われるコンクリートのヒビや軽微な欠落も欠陥住宅には含めません。特にコンクリートには性質的にひび割れが生じやすく、施工の時に補強を加えた技術で補うのですが、揺れや他の加重によりひび割れがおきやすくなっています。

 

欠陥住宅とは見えない部分で施工の手抜き工事をしており、居住に対して大きなリスクがともなう建築物に対して称されます。居住者の安全を脅かすことはいかなる場合のあってはならない国民の権利です。

 

昨今のマイホーム購入のブームなどからもてもわかるように、業者は安く売ろうと見栄えばかりを主張する傾向にあり、本来重要な基礎などは手を抜いても建ってしまえば見えない、わからないといったことから酷く繰り返されてきました。

 

これも術が悪く、明確な違法建築でない限り欠陥住宅とはなかなか認めず裁判も長期化したりと争う消費者が一番苦労する事態となってしまいます。

 

契約に交わされる書類の数々を理解することはとても難しいですが、ある程度の知識を蓄え、知らないこと・疑問点は素直に業者に尋ね、時には欠陥住宅ではないですよね?と直接伺ってもいいと思います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市