家作りの第一歩はココから!

住宅ローン

震災による倒壊も心配ですが、まず最初に心配となるのがローンといっても過言ではありません。一生涯での大きな買い物となる住宅に対して現金で支払われる方はごく僅かだと思います。

 

住宅購入者がまず検討するのが住宅ローンです。このローンには固定金利と変動金利の二種類が大きく分けて存在します。

 

変動金利は返済の期間においてある一定期間の間で経済が発展し金利が上がる状態となると返済の金額にかかる金利も増えてしまうリスクがあります。逆に減る可能性もあり、現在は金利の最低水準をいっているとも言われています。しかし最低水準から抜け出す術も現在の日本経済には乏しくあと10年は水準を保つとも言われています。

 

変動金利が不安な方、一定の金額で完済を目指したい方は固定金利がお勧めです。固定金利はローン契約時の設定された金利で返済期間全てが一定の返済額となります。これは金利があがっても影響を受けず、安心して返済の計画を立てやすいものとなっています。

 

フラット35という言葉を聞いたことがあるでしょうか?これは長期固定金利といい、35年間一定の返済金額で契約が可能です。

 

また銀行のローン申請もとおりやすく、昨今若い世代のマイホームが多く見られますが、これもフラット35やフラット50といった長期の固定金利制度が後押ししたといわれています。収入が少なく生活が厳しい方でも、ローンの選択により今の家賃より安い返済額でのマイホーム購入が可能となっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市