家作りの第一歩はココから!

阪神大震災の倒壊原因

阪神淡路大震災では多くの建物に被害がでました。古い建物の被害は当然のようにあったのですが、大規模な調査の結果により最近建てられた建物でもある一定のバランスを欠いた建物は倒壊していたという事実が浮き上がってきました。

 

一つに耐力壁の不足があります。2階建て以上の建物では1階にかかる荷重を補う耐力壁が十分に補強されておらず大きな揺れを十分に支えきれませんでした。

 

また不均衡な耐力壁の配置も大きな原因としてありました。店舗開口率や建築物の流行のスタイルであった一階が駐車場として設けられた住宅など開口スペースに壁が無く不均衡な耐力壁が揺れに耐えることができませんでした。他にも柱や土台に使われる金物補強の不足や筋交いの施工が不十分であったりと施工上の問題が次々と発見されていきました。

 

不適切な基礎工事の後などは施工業社の技術不足や手抜きが原因と見られこれらの要因が重なり、阪神淡路大震災では多くの建物が倒壊することになったといわれています。

 

原因がはっきりしたことで、品格法による3段階の耐震性の選択とバランスの取れた耐力壁の設計とチェック、柱等の接合時に使用される接合金物の適材適所の使用が定められました。

 

これ以前の日本の建築は日本瓦を使い基礎は石に柱をのせた伝統的な木造住宅であり、木材の老朽化や基礎の不十分な補強が行われていませんでした。伝統の木造建築の技術進化をもとめる声も大きく2×4などの木造枠組壁工法が倒壊の被害が少なかったことも受け注目を集めました。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市