家作りの第一歩はココから!

木造在来工法

木造在来工法とは、軸組工法とも呼ばれ日本では昔からある伝統的な建築方法です。

 

土台、柱、梁などの構造を基本としており木本来の強みを生かしフレーム状に木材を組む技術は圧巻であり揺れをも吸収する柔軟な構造が魅力的な建築方法といえます。

 

住み慣れた家と日本人が問われるとこの木造在来工法で作られた家をイメージされる方が多いと思われます。マンションが増え輸入住宅が増えた昨今ですが時より帰る田舎の実家や民宿に温泉街などで過ごす時は何故かほっとするものが感じられるのも日本の伝統建築である木造在来工法の良さかと思われます。

 

肌で感じる良さ以外にももちろん木と伝統建築が生み出した技術の長所がたくさんあります。

 

長所として敷地の形態に応じて融通の利く設計ができ、間取りやデザインに対して制約が少ないことがあげられます。他にも比較的に安価での施工が可能であったり、他の工法に比べて増改築が容易に行えることも柔軟な住宅の証といえるでしょう。

 

これらは日本の風土に適しており木造による基礎がしっかりしていることから広い開口部の設置や夏や冬など気候の変化にも無理なく対応でき、心地よく安心感のある生活をいとなめます。

 

ひとつ残念なことに、施工者の技術が建築に大きく影響する為、腕しだいで不十分な建築物が出来上がることがしばしみうけられます。

 

長持ちする家の代表としてしばし木造の住宅が上げられますが、これは日本の伝統技術があってこその証明となることが、過去の建築物よりもうかがえます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市